今ではたくさんあるファストアファッション。

今では普段着に活用してます。

レディースファッションブランドに務めていた当時はファストファッションはせいぜい家着程度にしか思えませんでした。

しかし、退職後に他のレディースファッションブランドにも興味が広がり、ファストファッションの見方も変わりました。

安いものと高いものどちらのよさもあるので、どちらかに偏ることはないですが、うまく取り入れてお洒落の幅が広がるようにしたいです。

お気に入りの洋服

春になると服も薄くなり、色もパステル調、白など、明るいものが多く出回ります。

ここ何年かは黄色、キャサリン妃の影響で色鮮やかなブルーなどきれい系の洋服、小物、靴など町でよく見かけます。

私自身も、昨年は黄色のカバン、ブルーのインナーを新調しました。

どちらも店員さんに勧められて、購入しました。

見た時は、どちらも派手かなと思ったのですが、身に着けているうちに、両方ともお気に入りの洋服になりました。

自分以外の人の意見を取り入れた方がいいと。

自分で選んで、最初いいと思うのは結局飽きてタンスの中で眠ってしまうものが多いと思います。

50代の方におすすめのレディースファッション

女性たるもの、いつまでも美しくはつらつとしていたいもの。

しかし、ただ闇雲に『若い』格好をしていれば良いと言うものではありません。

10代には10代の、50代には50代の相応しいファッションがあります。

そしてそんな年相応の、なおかつ個人の好みを取り入れた50代レディースファッションは、その女性本人を何倍にも素敵に魅力的に見せてくれます。

50代女性のファッションを考える場合、注意したいのは『形』と『色』。

ボディラインに添いすぎず、尚かつつい選んでしまいがちな黒や茶色、暗い灰色はほどほどにし、クリーム色やベージュ、明るい灰色などを上手く組み合わせると、とても上品に美しく見えます。

コメントは受け付けていません。
 | Posted by | Categories: スゴログ |

ポールスミスは、比較的良好なブランドのひとつです。

ビームスが現在でも圧倒的に評判が良さそうですが、ポールスミスも良いです。

デザインが全般的に奇抜さがなくてシンプルでおしゃれなものが多く、値段がべらぼうに高いわけではありません。

両方とも同じぐらい知名度があって、おすすめできるところです。

実際の来客数は、圧倒的にビームスが多く、10倍ぐらいの大差でビームスが圧勝しています。

ポールスミスのほか、シップスよりも、ユナイテッドアローズよりも、群を抜く人出があります。

レディスファッションの影響を受けたメンズファッション

メンズファッションは定番のコーディネートが多いことからレディスファッションほどトレンドがはっきりしないこともあります。

しかしメンズファッション40代でもレディスファッションの影響を受けてメンズに取り入れられることもあります。

例えば、七分袖のシャツなどはレディスがよく見られましたがそれが定着すると若いメンズファッションにも取り入れられました。

ストールやスキニージーンズ、レギンスなどもそういった流れでメンズに導入されていった例で、これからもその傾向があると考えられます。

会社の本社が東京本社だらけ

メンズファッションについて思うことは、会社の本社がほとんど90%ぐらい東京本社になっています。

会社の本社がわからなくても、東京本社かなといえば、ほとんど正解するでしょう。

東京のどこなのかはわからないけれど、東京都のどこかに本社があることが非常に多く、とくにファッションはほとんど東京になっています。

たとえば、レナウンの本社はどこにあるかなーとわからなくても、東京本社と言えばたいてい正解になります。

90%の確率で正解。

コメントは受け付けていません。
 | Posted by | Categories: スゴログ |

職業の中には、特別なスキルを身につけていない人でも就くことのできるものと、専門的なスキルがなければ就くことのできないものとがあります。

従来は、特別なスキルを必要としない会社員などを目指す人が大半を占めていました。

しかし、就職難の時代に突入したことで、しっかりとしたスキルを身につけようとする人が増えてきたのです。

たとえば、世の中での需要が大きい整体師のような職業を目指す人が、近年では目立つようになっています。

講座では、どのような講習を受けることができるのか

整体師のように、専門的な知識・スキルを必要とする職業に就くためには、特別な講座を受講しなければなりません。

法律などによって定められた講習を受けることで、仕事をする際に求められる知識を身につけていくのです。

もちろん、講座・講習を受けただけで就職することができるわけではありません。

最終的には、所定の資格を取得しなければならないのです。

整体師資格難易度も高いこともありますが数多くの学校で、専門の講座・講習が実施されているので、各自、通いやすい学校を見つけて、勉強を続けていくことが大切です。

講習の中では、仕事をする上での心構え、作業の方法など、専門的な知識を徹底的に教わることになります。

コメントは受け付けていません。
 | Posted by | Categories: スゴログ |