今置かれている自分の立場が不満であればあるほど、視野が狭くなりがちで転職が最良の方法だと思い込んでしまうこともあります。 しかし本当にそうなのか、問題解決には転職の道しか残されていないのか、もう一度冷静に考えてみよう。

転職をしたからといって100%成功するとは限らないことを理解しているか?
転職をして本来自分がやりたかった仕事に就け、以前よりも前向きに仕事に取り組むことができている人も多くいますが、逆にこれなら前の会社のほうが良かった、結局希望していた仕事をさせてもらえていないと転職を後悔する人もいることは確かです。 特に、これがやりたいという信念のない人、今の会社の不満が人間関係や職場環境といったことなら、なおさら転職を考え直してみたほうがいいかもしれません。

というのはどこの会社にも多かれ少なかれそういう不満はあるからです。 まず今の会社で本当に問題解決する方法はないのか、将来性はあるかなど熟慮してみて、かつ会社を変わることでのみ自分の将来は開けるという結論に至ることができれば、転職を考えてみてもいいでしょう。

転職という作業は思っている以上に大変であるということを自覚しているか?
希望通りの転職を成し遂げるには、想像以上の時間と体力そして精神力を必要とします。 まず自分の希望する職種を見極め、膨大な情報の中から希望する企業を探し出し、企業の研究を十分に行い、完璧な履歴書と職務経歴書を作成するのに結構な時間を要します。

面接や内定をもらうまでの返事待ちの期間も、労力だけでなく精神面でも疲弊することになるでしょう。 そのことをしっかり自覚しているでしょうか。 逆にいえば、必ず転職を成功させてこの仕事に就いてみせるという強い信念があれば、これら転職作業の辛さも押しのけ、希望通りの転職を実現できるでしょう。

転職によって失われるものがあることをわかっているか?
転職するということは、環境を一変させるということです。 知らない人達の中で、新しい業務の進め方を一から覚え、新しい取引先へも対応し、新しい人脈を築いていくことになります。 転職で得られるものは多く、それらに喜びを感じることでしょう。 しかしそれと同時に前の会社で築き上げてきた人脈なども全て失うことになります。 失うものの大きさを覚悟し、それに耐えられるなら転職を考えましょう。

転職であると同時に転社でもあるということを忘れていないか?
自分の好きな職につくということだから転職であることは間違いありません。 と同時に会社も変わるわけですから転社でもあります。 会社にはそれぞれ社風というものがあり、業務の進め方、顧客への対応、その他様々なノウハウに差があります。 職種のみにとらわれて、企業研究を怠れば、転職後にそういう差に戸惑うことになるでしょう。初めて転職をする人ならなおさらです。 転社であることを自覚するということは、企業研究を十分に行い自分に合った企業を見つけ出すということであり、転職を成功に導くのに欠かせないものなのです。

コメントは受け付けていません。
 | Posted by | Categories: 求人・退職・転職関連 |