黒糖の素晴らしさを知ろう

3月 22, 2016

黒糖は黒砂糖のことで、主に沖縄県や鹿児島県の離島で生産される代表的な含みつ糖である。

また、黒糖はさとうきびの絞り汁をそのまま煮沸濃縮し、加工しないで、製造したものである。

蜜分を多く含むことから白砂糖より固まりやすく、大抵はブロックを砕いた程度の状態で販売されています。

コーヒーや紅茶に入れたり、飴のように直接口に入れて風味を楽しむこともできます。

白砂糖は精製するときに栄養素の多くが失われてしまうが、黒糖には本来さとうきびに含まれるミネラルやビタミンが多く詰め込まれているためにカルシウム、鉄分、リン、ナトリウム、カリウム、マグネシウムのミネラルが多く含まれています。

食べて数分で吸収、消化されるので疲労回復に最適であり、アトピー性皮膚炎の改善や整腸作用もあり、虫歯の予防、肝機能の強化などの効果があるとされています。

黒砂糖はカロリーが低いだけでなく、ミネラルやアミノ酸が豊富に含まれているため、肌細胞の保湿が期待できます。

また、鉄分も多く含まれているため、貧血予防や冷え症の改善にもなります。

黒糖精製の過程で石灰が混ぜ入れられるのでカルシウムの含有量も多く、骨粗鬆症やストレス防止に役立ちます。

その他、ダイエットや夏バテ防止にも効果があるので女性にとって興味深いものとなっています。

黒糖は手軽に料理を楽しめます。購入を考えているなら沖縄県黒糖屋がおすすめです。

料理には市販のヨーグルトに黒糖を振りかけるだけでトロトロシャリシャリ感の黒糖ヨーグルトができます。

黒糖きな粉ミルクティーは深みのあるミルクティーになります。

黒糖寒天のきな粉かけはとってもヘルシーで美味しいです。

さらに、かりんとう、キャラメル、蒸しパン、ようかん、ういろうなどの黒糖商品があります。

また、焼酎の匂いが苦手な人はたくさんいますが、黒糖焼酎は淡い香りとクリアな飲み口であるため、そんな人たちからも愛されています。

黒糖焼酎は酒税法によって奄美群島でしか作れない貴重なものとなっています。

音響振動を利用して酵母の働きを活性化させて作る方法、樫樽で熟成させる方法、樽を使用して長期貯蔵する様々な方法で作られた焼酎があり、いろいろな味を楽しめます。

砂糖はさとうきびをそのまま煮詰めた含みつ糖と搾り汁から糖蜜を分離した分みつ糖の二つあり、含みつ糖の代表は黒糖であり、白砂糖は分みつ糖です。

近年、黒糖需要が増大しており、粗蜜や糖蜜で製造された質の落ちるものや輸入された糖などを加えて製造されたニセ黒糖が出回っており、外見は似ていても風味や成分が異なっているので注意して購入しなければなりません。

Posted by | Categories: スゴログ |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.