ジャージは最も過小評価されているオシャレなアイテム

3月 12, 2015

メンズファッションは数多くあるアイテムの中からいくつかを選んできて、それらを組み合わせていくものです。

それがコーディネートです。

そのいくつもあるアイテムの中で、あまり人気ではないけど、実は凄いオシャレに着飾れるのが「ジャージ」なんです。

ジャージって、どういう印象をお持ちでしょうか?何かダサいというイメージを持たれている方が非常に多いのではないか?と容易に想像することができますが、多くの人は実際、ジャージを普段から着ることはないでしょうし、学生を卒業してからずっと着ていないという大人の人も多いと思います。

しかし、ジャージを着ないのは非常にもったいないともいえます。

というのも、分かっているは分かっているのですが、ジャージは密かに一部では流行っているのです。

確かにあまり日の目を浴びることはないのです。

それは街中を見てみても、ジャージを着ている人はそう多くないから。

というか、ジャージを着ているんだけど、それがジャージだと気付かないから。

というのもあると思います。

ジャージを着るのが上手い人というのは、そこがあると思います。

何気なくジャージの上着だけを取り入れて、他は普通のトレンドファッションをしているので、ジャージを着ている風には一見すると見えづらいのです。

例えば、男性の場合は下がスキニーパンツで、Tシャツの上にジャージを着て、リュックを背負っている大学生というのが非常に多いです。

その人はファッションだけじゃなくて、カバンや靴、そして髪型なども非常に気を使っているので、一見すると、凄いオシャレな人に映るわけですが、よーく見るとジャージを1番上に着ています。

ジャージを着ているのに、全体としてオシャレに見えるんです。

そもそもジャージというのは、形だけ見ればジャケットと大差ありません。

ジャケットがダサくないならば、当然ジャージもダサくないはずなのです。

ジャージ=ダサいというイメージを払拭して、オシャレなジャージを選んでいけると、コーディネートの幅が広がり、40代メンズファッションがさらに楽しくなります。

Posted by | Categories: スゴログ |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.